CTF班・第5回の活動をしました

2年部員の井上 (sei0o)です。火曜日はCo+workの用事があったので今週は水曜日にずらしました。1年生が3人、自分を含めた2年生が2人です。

今日はpkcrackを用いたZIPファイルへの既知平文攻撃について話しました。資料はWikiに置いてあります。せっかくなので攻撃原理を学んで解説できるようになりたいな、と思い開発者による論文やそれに関係するスライドをまとめようとしたのですが、なかなか理解できず中途半端に終わってしまった・ただの翻訳になってしまったので外部ページ(資料末尾のリンク)に分けました。それゆえいつにも増して量が少ないです。早く書き上げたい。

ビット演算についても軽く話しました。プラレール加算器はすばらしい。

資料の内容が終わったあと「バイナリ解析興味ありま〜す」という人がいたので、Linuxの実行形式のフォーマットであるELFとx86アセンブラ、アーキテクチャのざっくりとした・初歩的な解説をしてみました。いきなりだったので、とりあえず知っていることをガーッと一方的に話してしまいました。その場で適当なソースをコンパイルしてからobjdumpとかで逆アセンブルしてもらえば手が動かせてよかったよなぁと反省しています。

汚い文字・不確かな内容・手ブレ写真のトリプルコンボ

解散後に理解できたかどうか聞いてみると「全然(わからない)っすw」とのこと。(´・ω・`)どうしよう…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です