CTF班・第7回の活動をしました

2年部員の井上 (sei0o)です。上の画面で中学生10人は釣れると思います。ちなみに今日はCTF班バーチャル回でした。

バーチャル回?

おっと(←わざとらしい)、バーチャル回の説明をしていませんでしたね。端的にいうとDiscordなりLINEなりで通話しながら部活しようぜというものです。遠隔で行うことで以下のような問題が解決されてほしいなあという期待。

  • 他の部活と曜日が重なって来れない人が結構いる(ロボ研などとは違って求心力のない部活なので部員は他を優先する傾向にある)
    • →バーチャル回は夜20:00からにしました
  • 情報センターはCTF班以外の人が多くてやりづらい・横並びに座るのでみんなの進捗が見えづらい
    • →顔が見えないのでやりやすい
  • 講義役が立ってホワイトボードに書き込む必要があるのでしんどい
  • そもそも前期で9回しか部活できない
    • →バーチャルやって週2にできる

感触はそれなりに良好で、話す側としても圧倒的に気がラクでした。実際に行って初めて気づいたメリットとして、音声通話だと相手は相槌を声で発する必要があり、より明確になることが挙げられます。うなずく動作だけだと曖昧にしか捉えられずこちらの言うことが伝わっているのか不安でした。
実は第4回第5回の講義は通常の火曜日の活動に加え、水曜日20:00から同じ内容を私の寮部屋で行っていました。男子寮生は寮部屋で、そうでない人は通話で参加です。
ただ同じ内容を2回話すとおそらく私が飽きてしまうので、今週から内容は変えることにしました。回も分けて第6回(通常回=オフライン回=オフ回)・第7回(バーチャル回)としています。

第7回の内容

angstromCTF 2018で出題された「Rev1」という問題を題材に、x86アセンブラ, デバッガの紹介をしました。とりあえず動かしてもらって、表示された文字列がどこからやってきたのか逆アセンブラ(objdump)やデバッガ(gdbでx/sとか)を駆使して探してみてもらいました。資料はWikiに置いています。
完成していない資料をその場で作りながらわりとざっくりした解説しか行っていないのですが理解できたみたいでよかったです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください